シンキングタイム!

社会の役に立たない方向に頭を使うのが好きな私が、気ままにAnAnしたり思考ゲームの紹介をしたりするブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

偶然が積み重なった奇跡

師「ゴールデンウィークに次いでシルバーウィークかー…金と銀どっち買おう?」
デ「また分かる人にしかわからないタイムリーな話題で始めないでください」

そんなことを考えていたある日の昼下がり。

師「…jubeatプレイしに行きたい…」
デ「唐突ですね師匠…」
師「やっぱりあの楽しさは他の音ゲーじゃ楽しめないからな」
デ「まあ気持ちは分かりますけど…」
師「よし、決めた。仕事終わったらjubeatプレイしに行こう」
デ(どうしてこの中の人はどうでもいいところだけ行動力があるんだろう…)

中の人のいつもの気まぐれ。
この気まぐれが、まさかの出会いをもたらすことになるとは、まだ誰も思っていなかった…。


(注:今回他の方のキャラをお借りしています)
師「ん?また無許可?」
デ「いえ、今回はちゃんと許可をいただいてるそうですよ」
師「でも、この中の人、色々と自重しないからなぁ…心配だ」
(やりすぎとか、問題がありましたらご一報ください)


--------------------

仕事を終えて自宅近くのゲーセンへ行き、ユビートをプレイ。
師「ようやくランクS2、ギガブレイク解禁か」
デ「師匠、師匠。順番待ちの人が並んでる」
師「おっと」
筐体の前から離れ、順番待ちの人にプレイを譲る。
デ「それで、どうします?」
師「AnAnをプレイしながら、筐体が空くのを待つか」
デ「わかりました。それじゃあ行ってきまーす」

ということで、まず1クレ。

-----

1ゲーム終了し、ちらっとユビート筐体のほうを見る。

(んー…まだいるな…)

ということでさらにもう1クレ追加してコンティニュー。
そこでマッチングした相手は。

り、*りおんさん!?

デ「り、*りおんさん!?」
*りおんさん「む…きみは確か、この前誕生日マッチでうちのこはね*とマッチングしてた…」
なんと、ひろむさん家のクールな2枚目(いろんな意味で)、*りおんさんとマッチング。

-----(楽屋裏)-----

デ「ちょっとししょー!カメラどこ向けて撮影してるんですか!もっと右下!」
師「まさかのマッチングに動揺してかなり手が震えててな…」
デ「ああ…名前部分も半分ぐらい見切れてるし…」
師「大丈夫!一番左端は自分達だってことは明らかだし、十分判別できる程度には見えてるからセーフセーフ!」
デ「…まあ自分の名前が隠れてる程度なら別にいいか。これが相手の名前とかだったら土下座ものだけど」
師「しかし2クレで有名人を引くとか、引きが神がかってるな」
デ「向こうは1クレで引いてるんですけどね。これがカードゲームだったら1手差で私達の負けです」
師「まあどうでもいい楽屋裏はこの辺にしておいて…」

-----(表舞台)-----

り「こんなところでマッチングするとは、奇遇だな」
デ「本当はjubeatをプレイしに来てたんですけど、順番待ちの空き時間にAnAnに参加してみたら、なんか会えちゃいました」
り「お、きみもリプルズやるのか」
デ「はい。『全力少年』とか『風になりたい』の黄が好きで。曲も元気が出そうな感じでいいですよね」
り「リプルズの新楽曲だったら『明日ハレルヤ!』とかもやってみるといいぞ」
デ「そうですかぁ…新楽曲はまだあまりプレイしてないから、今度やってみよっと」

デ「…ところでいま装備してる称号って…例の『罰ゲーム』の一環ですか?」

【おかあさんといっしょ】

り「くっ…俺のイメージに合わないからつけたくないと何度も言ってるのに…」
デ(あー…やっぱり*りおんさんって、いじられ体質なんだなぁ…根はマジメなんでしょうけどね)
生真面目すぎて逆にいじられてしまってるんじゃないかなぁと思うデフォ子。もう少し肩の力を抜いてもいいんじゃないかな…?そう思ったけど口には出さなかった。
り「とにかく、色々話したいこともあるだろうが、そろそろ勝負と行こうじゃないか」
デ「わかりました。負けませんよ!」

楽しい時間はあっと言う間に過ぎていくもので、1Rテクニカル、2Rサバイバルを経て、逆転Rの4人早押しクイズまで到着。
この時点の星の数は以下の通り
(トムヤムクン/糸目ヒーロー/*りおんさん/デフォコック)
(★10/★5/★4/★8)
4人が選択したジャンルの出題順はエ・エ・歴・自。自然科学以外は苦手が並んだ。
デ(*りおんさんはエンタメ…お互い自分の得意なジャンルで勝負を挑むということですね)

最初のエンタメ2問で*りおんさんが最下位から急浮上してトップに。
(★9/★7/★5/★7)
 ↓
(★8/★4/★9/★6)
これはもしかしたら決勝までご一緒できるかも?
と思っていたのですが、直後の歴地社で暫定3位だったデフォコックが単独正解を取りトップへ。
(★7/★3/★8/★10)

デ(逆転ラウンド3問消化して、1位が★10、*りおんさんが★8 、私が★7…*りおんさんと一緒に決勝進出したかったんですけど、この状況じゃ無理っぽいですね…)

冷静に現在の状況を悟るデフォ子。この状況なら暫定1位のデフォコックはここで答えなくても決勝進出が確定してるので、自信のある問題じゃない限り押さずに守りに入る可能性が大。
しかもこのデフォコック、直前のサバイバルで100pt取ってぶっちぎりの1位だったので得失点差も期待できない;

デ(どうやら決勝までご一緒は無理そうですね… *りおんさん、ここで決着をつけましょう)

ひとつ回答席を隔てた向こう側に届いているかはわからないけれど、心の中で小さく呟く。

 ・ ・ ・

結果
result090908.jpg

デ(すみません、*りおんさん…)
あとで楽屋にご挨拶に行こう、そう思ったデフォ子だった。

----------
(ゲーム終了後:楽屋)

デ「お疲れさまでしたー」
り「お疲れさまでした。…はぁ、負けたか…しかし、いい勝負だった」
デ「実は今回の試合、*りおんさんに助けていただいたことが一つあったんです」
り「え?」
デ「逆転Rの2問目の問題、素で『ティンパニ』だと思ってたんです」
り「おいおい、あれは打楽器の一種だろ…」
デ「なんかアレしか出てこなくて…押し負けたために誤答せずに済んだという結果に」
り「まあ…知識の覚え間違いはよくあることか…。弦楽器は英語でストリングス、打楽器は英語でパーカッション。覚えておくといい。」
デ「はい。今日は本当にありがとうございました。またお会いできたら、よろしくお願いします!」
り「ああ、こちらこそ、また機会があったらよろしく」

----------

ということで、*りおんさんとの対戦は以上となりました。
その後はjubeatの筐体が空いたのでひたすらjubeatをプレイしてたため、あのゲームが実質あの日ラストの試合だったのです。
ひろむさん、急なお願いを快諾していただき本当にありがとうございます!そして再戦を期待させてしまい申し訳ありません;

…しかし今回のマッチングって、すごい偶然だったんですよね。
もしあの日jubeatをプレイしようと思ってなかったら。
もしあの時順番待ちの人が並んでなかったら。
もし1クレプレイ後にjubeat筐体の前に誰もいなかったら。
私サイドだけでもいくつもの偶然が重なっているのに、加えてきっとひろむさんサイドでもいくつもの偶然が折り重なっていたことでしょう。

本当に対戦ありがとうございました。またどこかでマッチングできたら、よろしくお願いします。
http://blog-imgs-30.fc2.com/t/m/y/tmymkn/parallel.txt 今見たらいろいろとこっ恥ずかしくなったので封印//
スポンサーサイト

| AnAn | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございました!

自分は妹と色違いで持とうと思っています>金と銀
でも甘く見てました…予約しないと店頭でどこにも売ってない><

自分サイドの偶然といえば一度着席したはいいものを
100円がないことに気付き両替しに行って
ついでにジュース買ってからAn2筐体に戻ったことでしょうか。

あのときストレートに財布に100円があったら
その後ジュースを買いに行ってなかったら
まずはマッチングそのものが成立していませんでした。

そしてあそこでエンタメを稼げていなかったら…
最後の夢は完全に別のカードに託されていたので
『キャメロン・ディアス』と『パーカッション』には本当に感謝しています(笑)

そしてお見苦しい姿を見せてしまいすみませんでした。
あのときの予選は自分本当にひどかった…><
しかし*りおん、デフォ子ちゃんに対してなんて偉そうな!!
ここまで口調を再現してくださり感謝です。
【おかあさんといっしょ】までイジって下さって(笑)
罰ゲームの一環というより面白いので常に掲げさせて貰っています。

*りおん「おかげで『クイズを楽しむこと』を思い出した気がする。だからこそ称号獲得に繋がったんだろうか…このたびは対戦ありがとう。
      あぁ、ちなみにおれがjubeatで一番好きな曲は『労働 calling』だ。これも自身が奮い立つというか、『今日も一日頑張ろう』と思える曲だ。新楽曲はあまりやらないということだが、やってみてもらえると嬉しい。では、次こそは早押し対決が出来るように、追いつけるように頑張ろうと思う。これからもよろしく」

最後まで偉そうかつ長文ですみません。
改めてありがとうございました!

| ひろむ | 2009/09/14 04:41 | URL | ≫ EDIT

Re: ありがとうございました!

>ひろむさん
同僚と相談して「同僚が金、私が銀」と決めたのですが、ショップに行ったら金しか残ってなかったよ(笑)
数日前まで購入する予定もなかったので当然予約もしておりませぬorz

このたびは対戦ありがとうございました。
あーそっか、くだけた口調なのは身内に対してだからであって、*りおんさんも対外的にはしっかりと丁寧語でしゃべるんですね。普段からこの口調だったので(一般的なモヒのイメージも相まって)これ以外の口調でしゃべる*りおんさんが浮かびませんでした(コラ
そして実際にいじってみて「ああ、非常にいじりがいのあるキャラだなぁ」とも(←失礼
彼がいじられキャラから脱却できる日は来るのか…それだけがいま一番気がかりなことです(笑

ちなみにその後、実際に『明日ハレルヤ!』をプレイした中の人は「どうしてこんないい曲を今まで知らなかったんだ!!」と後悔してましたw 切ないメロディラインがいいですね。
音ゲーに関しては今のところ基本クリアラーなので、とりあえず一通りの楽曲はプレイするつもりですよ。

隠しストーリーですが、実際私自身も以前に自問自答したことがある問いなのです。ちょうどタワーが実装されて、何度かクイズ力の荒稼ぎを行った頃だったでしょうか。
どんなプレイヤーも、最初はクイズがやりたくてこのアンサーアンサーというゲームを始めたはず。それがいつの間にかパワーやGPを追い求め、「作業」に変わってしまってはいないだろうか…自分はいま、クイズを楽しんでいるのだろうか…と。
ストーリー的には表以上に自重してない かつ非常に痛い内容なので記事として直接投稿するのはためらいましたが、どうしてもお蔵入りするには惜しい…と思ったので、隠す形で同時投稿いたしました。

今回のマッチングを思い返してみて、ふと「『一期一会』って、こういうことを言うのかもしれないなー」と思ってみたり。
改めて、対戦ありがとうございました!またどこかでマッチングできることを祈って。

| トムヤムクン | 2009/09/14 20:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tmymkn.blog22.fc2.com/tb.php/68-6b17b01c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。