シンキングタイム!

社会の役に立たない方向に頭を使うのが好きな私が、気ままにAnAnしたり思考ゲームの紹介をしたりするブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ゲーム紹介「陰陽童子物語」

デ「ところで師匠、前に30日のコミケがどうとか言ってましたけど、なんで30日にこだわるんですか?AnAnサークルは29日だから関係ないはずじゃ?」
師「あー言いそびれてたな…じつはこの日、中の人が昔ネット上で何年もお世話になっていた方がコミケに来るらしいんだ」
デ「え!そうなんですか!?」
師「うん。だからぜひ一度お会いしたいなあって思ってるんだよ。長年お世話になったという感謝の気持ちもあるし」
デ「へぇー…ところでその人って、どんな方なんですか?」
師「じつは、それが今回紹介するゲームを製作した方なんだ」

(追記へ続きます)



--------------------
「陰陽童子物語」はフィールドクリア型のアクションパズルゲームです。
フィールドに配置されているさまざまな仕掛けや敵を倒しながら、マップのどこかにあるゴールを目指します。

製作者様サイトへ
製作者様サイトへ


このゲームの最大の特徴といえば、使用するプレイヤーキャラクターによってパズル面の難易度が大きく変化するということでしょう。

プレイヤーは、ゲーム開始時に属性の異なる2人のキャラクターから1人を選びます。
マップ上の敵や仕掛けにも属性が定められており、基本的にキャラクターと同じ属性の敵しか倒すことができません。
これにより、同じマップでもキャラの属性によって難易度が変化し、
場合によってはパズルの解法までもが変わってしまうほど、一粒で二度おいしいゲームとなっています。

また、このゲームにはマップエディット機能が搭載されていて、
作者サイトには700面を超える多くのエディットマップが投稿・掲載されています。
エディット面は、思わず感心してしまう面白いデザインのものや、
本編をはるかにしのぐ超高難易度のものまで勢揃い。本編を極めたプレイヤーでも長く楽しめますよ。

…なんだかんだで私も旧HNで80面ほどマップを投稿させていただきましたし、かれこれ5年以上楽しませていただきました。
作者のMIR様には本当に長くお世話になりました。ありがとうございます。


ということで、年末年始はこれで長く楽しんではいかがでしょうか?
スポンサーサイト

| 思考系ゲーム | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tmymkn.blog22.fc2.com/tb.php/125-ff341f70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。